形成外科

あざ

院内廊下院内受付

当院には炭酸ガス、Q−YAG、ルビーの3種類のレーザー完備しております。アザのなかには保険適応のものもありますので一度受診して下さい。

シミ

一口に「シミ」といっても実に様々なものがあります。レーザーで簡単にとれるもの、逆にレーザーをあてると黒くなるもの、塗り薬が効くもの、塗り薬が全く効果のないものなどです。通常1種類というより複数の種類のしみが混在している場合も多いため、的確な治療方法をご説明いたします。

ほくろ

基本的には切除、もしくはレーザー治療となります。特殊な虫眼鏡のような機器を用い、少しでも悪性の可能性があれば切除し、病理検査にだします。明らかに良性の場合はレーザー治療は手軽で部位によっては切除よりもきれいに仕上がることもおおいためお勧めします。ただし根が深い場合には数回の照射が必要な場合もあります。保険診療と自費診療がありますので御来院時に相談うけたまわります。

いぼ

いわゆる老人性の「イボ」は全て保険適応です。凍らせてとる、またはレーザーで蒸散させます。首にあるイボも同様です。

できもの

実に様々なものがあります。良性から悪性まで多数あります。外見上である程度判断できますが、正確な診断となると困難な場合も少なくありません。必要であれば摘出、病理検査、場合によっては他院に紹介という形をとらせていただくこともあります。

イレズミ

全て自費診療(保険はききません)となります。当院のYAGレーザーは、その特性上、他のルビーレーザーやアレクサンドライトレーザーと比較して、イレズミのみならず深く厚みのある病変に著効します。ということは治療回数がへる、イコール患者さんの負担が少なくなるという利点があるということです。また赤や緑などのいままでとることができなかった色でもある 程度取ることができます。ただし場合によっては除去不可能の場合もあるため、その場合はお断りする場合もあります。

まき爪

痛いからといって巻き込んでいる部分を切り込んでいくと、次にのびてきた爪はさらに食い込んでいきます。できるだけまっすぐスクエアカットをこころがけてください。先の細い靴は厳禁です。ほかにワイヤーや形状記憶プレートによる矯正や手術もしております。爪の状態をみさせていただき、適切な治療法をご説明いたします。

▲このページのトップへ戻る